学校について

/

白百合の教育

/

学校生活

/

入学のご案内

/

アクセス

お問い合わせ・資料請求

サイトマップ

建学の精神

沿革

防災・安全対策

スクールバス

制服の紹介

時間外預かり

教育の特色

各教科の取り組み

英語教育

宗教教育

先生からのことば

クラブ・委員会

学習環境

年間行事

1年生の1日の流れ

児童の一日

在校生へのお知らせ

公開行事

入試要項

転入要項

お知らせ

イベント

2019/05/10

<なでしこL・マイナビ仙台>ユースチームが始動 トップリーグで東北初設立

仙台白百合学園の人工芝グラウンドを拠点に練習!

サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)のユース(18歳以下)チームが4月から活動をスタートさせた。トップリーグのチームでの設立は東北初。既存のジュニアユース(15歳以下)との一貫した指導体制を確立し、東北の女子サッカーの強化を図る。
 1期生はジュニアユースから昇格した8人と、青森、山形、栃木から加入した6人の計14人で、全員が高校1年生。クラブが連携協定を結ぶ仙台白百合学園(仙台市泉区)の人工芝グラウンドを拠点に週6日の練習などで技術を磨く。

ジュニアユースから昇格したGK阿部ほのか選手は「ユースができてトップチームがさらに近い存在になった」と目を輝かせる。仙台白百合学園高が選手の受け入れ先となり、寮も完備。栃木県大田原市から加入したMF猪瀬結子選手は「これだけ良い環境でプレーに打ち込める場は他にない」と喜ぶ。

 今後は選手を増やし、トップチームに昇格できる人材の育成を進める。小川監督は「全員を上げるつもりでやっている。選手でなくても、指導者やトレーナーとしてクラブに関われるような人間性も育てたい」と意気込む。

令和元年5月10日 河北新報 朝刊へ掲載されました。

 


河北新報 ONLINE NEWSへのリンクはこちらから確認できます。