学校について

/

白百合の教育

/

学校生活

/

入学のご案内

/

アクセス

お問い合わせ・資料請求

サイトマップ

建学の精神

沿革

防災・安全対策

スクールバス

制服の紹介

時間外預かり

教育の特色

各教科の取り組み

英語教育

宗教教育

先生からのことば

クラブ・委員会

学習環境

年間行事

1年生の1日の流れ

児童の一日

在校生へのお知らせ

公開行事

入試要項

転入要項

学校について

教育目標
聖書の教えに従って学び、人々のために奉仕する子どもを育てる

ルルドのマリア様

私たち仙台白百合学園は、
聖書の教えを大切に、
子どもたちが心と知識をみがき、
どんなときにも正しく、
そして愛ある心で世界の人々のために
働くことのできる人になれるよう
その教育に努めます。

自然豊かなキャンパスには幼稚園から高校までが1つに

白百合学園のはじまり

それはちいさな村で生まれた優しさがはじまりでした。

今から300年ほどむかし、
戦争で貧困にあえぐ時代にあって
「シャルトル聖パウロ修道女会」が生まれました。
「無学な人々への教育と、苦しむ人々を慰め助けること」を掲げ
創立者ルイ・ショーヴェ師は子どもたちの世話と病人への奉仕をめざしました。
師に仕える4人の姉妹は、
神の教えを語り、子どもたちに読み書きを教え、
娘たちには裁縫、編み物などの手ほどきをし、
また病人たちをも見舞っていました。

優しさと慈しみの「タネ」はやがてヨーロッパ、アジアへと広まり、
現在は五大陸32ヵ国の地域で、その心を受け継いだ活動が行われています。
その「タネ」は、仙台白百合学園でも、よろこび、愛し、祈る
「こころの教育」として花開いています。

本学園姉妹校ネットワーク

白百合学園は、本学園を含めて、国内に総計9校の姉妹校があるほか、聖パウロ修道女会は、世界30カ国で医療・福祉・教育活動を行っています。日本の、世界の、どこかで私たちと同じ心の友が、学び、汗を流しています。

函館白百合学園・盛岡白百合学園・仙台白百合学園・白百合学園・湘南白百合学園・函嶺白百合学園・八代白百合学園・白百合女子大学・仙台白百合女子大学

校章の由来

白百合は聖母マリアの象徴。気品と、優しさと、強い意志を備え、人々に奉仕するように願いをこめた校章です。