学校について

/

白百合の教育

/

学校生活

/

入学のご案内

/

アクセス

お問い合わせ・資料請求

サイトマップ

建学の精神

沿革

防災・安全対策

スクールバス

制服の紹介

時間外預かり

教育の特色

各教科の取り組み

英語教育

宗教教育

先生からのことば

クラブ・委員会

学習環境

年間行事

1年生の1日の流れ

児童の一日

在校生へのお知らせ

公開行事

入試要項

転入要項

学校について

1696年

元禄9年

フランスのシャルトル郊外にある村ルヴェヴィルで、シャルトル聖パウロ修道女会は生まれました。戦争で貧困にあえぐ人々への奉仕と教育活動が、ここからはじまりました。

1893年

明治26年

仙台白百合学園の前身である「私立仙台女学校」が修道院長スール・イザークを中心に開校。初代校長に芳賀俊吾先生が就任しました。

1907年

明治40年

文部省管轄の学校に昇格し、「私立仙台高等女学校」となりました。後に「仙台高等女学校」と改称。

1945年

昭和20年

仙台大空襲により校舎を焼失。焼け残った「ルルドのマリア像」が学園のこころの拠りどころとなりました。

1948年

昭和23年

学制改革に伴い、中学・高校を設置し、校名を「仙台白百合学園」と改め、校章も梅の花から百合の花へと一新されました。

1998年

平成10年

泉区紫山へ校舎移転。花京院で過ごした105年の伝統を土台に、新たな発展を目指す。

2012年

平成24年

50周年を迎えた仙台白百合学園小学校。女子校ならではの穏やかな思いやりの心を未来へ紡いでいます。