仙台白百合学園小学校

Education contents


算数を英語で学ぶCLILコース



■CLILとは

 CLILコースとは、外国語で他教科(社会や理科など)の学ぶべき内容と、学びに使う言語「ことば」を統合した学習スタイルで、主にヨーロッパで発展してきました。
 Content and Language Integrated Learning(内容言語統合型学習)の、それぞれの単語の頭文字を取ってCLIL(クリル)と呼びます。
 CLILには、「4つのC」と呼ばれるものがあります。Content(内容)、Cognition(思考)、Communication(言語)、Community/Culture(協学)の4つです。これらを要素として1単位時間の授業を構成します。

■なぜCLILなのか

 これからの社会で必要とされる素養の一つに、グローバルマインドがあります。
 グローバルマインドという言葉には、様々な定義や考え方がありますが、そこに含まれる要素は、およそ「4つのC」に集約されていきます。これらを効果的に身に付けることができるのがCLILなのです。

■仙台白百合学園小学校のCLILコースの授業

 本校では、算数と英語の教科がCLILコース対応のカリキュラムとなります。算数の授業では、英語で算数を学びます。
 CLILコースは、英語の4技能であるリスニング(Listening)、リーディング(Reading)、ライティング(Writing)、スピーキング(Speaking)を算数と英語の授業で学ぶので、バランスよくたっぷり英語に触れることができます。
 CLIL(算数)では、思考力を伴う課題を計画的に授業に組み込むことで思考力を高めます。
 算数で使われる一部の用語は、将来使う場面が限定されてしまいますが、日常的に使う言葉や言い回し、論理的な言い回しに注力して学習していきます。
 また、CLIL(英語)では、通常コースが英語そのものを学ぶのに対し、高学年になるにしたがって社会や理科的な内容まで学習範囲を広げます。英語で他教科を学ぶことで教科の知識を積み上げながら、英語の力も伸ばすことができます。
 日本では、日本語を話し、読み書きできればほとんどどんな場面でも不自由することはありません。しかし、一歩日本を出て世界に飛び出せば、英語が共通語として使われています。母語以外の言語を使う場面に迫られることは普通のことなのです。



■仙台白百合学園小学校のアドミッションポリシー

1、自ら考え、課題を発見し、それを解決しようとする児童

2、柔軟で多様な思考や論理的思考、創造性を持つ児童

3、相手を思いやり、文化・人種・人格を尊重し、他者と強調することができる児童

4、自国文化と異文化への理解と共感力を持つ児童


■仙台白百合学園小学校の目標

1、生きた英語を身につけること

2、算数の様々な概念を理解し、論理的な思考を身につけること


■仙台白百合学園小学校のCLILの授業形態

CLILコースの児童は、CLIL専科による授業を受けます。ネイティブの教諭1名と日本人教諭1名のT T方式(ティームティーチング)です。このCLILコースは6年生まで継続になります。


■入学者選抜について

1、CLILコース募集人員 新1年生 女子 20名

2、選抜方法 (1)総合テスト※ 通常のコースと共通 (2)英語によるテスト (3)面接

3、その他 出願時、考査日、入学金等は入学募集要項参照


■入学後の転コースについて(2021年度改定)

 本校の教育活動の柱の一つに「個の学びの最適化」があります。
 より児童一人ひとりの最適な学びを実現するために、CLILコースに挑戦できる機会を拡げました。
 ALPHAコースに(※通常のコースを「ALPHAコース」と呼んでいます。)入学し、算数や英語の学習を積み重ねていく過程で、新たにCLILコースで学習したい、再度CLILにチャレンジしたいと思っている児童については転コース試験を受けることができます。
(1)対象:1~5年生ALPHA児童
(2)日時:1月ごろ
※2021年度の転コースに関する情報はこちらをクリックして下さい



--- 戻る ---