仙台白百合学園小学校

学校生活

2008/11/11

避難訓練 プラス...

毎年2回「避難訓練」が実施されます。
5月に続いて2回目。今日は「落雷による火事」の想定訓練です。
今回の訓練は、幼稚園・小学校・中高全体合同で行われました。

それぞれ避難場所に避難した後、学園の全ての園児、児童、生徒、そして教職員が学園正面の「なぐさめの広場」に集まりました。

小学生の横のカラフルな帽子は幼稚園児です。

全体が集まると、ご覧の通りです。

小学生は、いつも通り、沈黙の状態で、ハンカチを口に当て、先生方の誘導でしっかり避難できました。
集まったところで、それぞれの部署のチーフが講評。

小学校はA先生がチーフ。2000人近くの前で神妙な表情。しっかりお話されました。

みんなが集まったのは、もう一つ目的がありました。
学園の設立母体である「シャルトル聖パウロ修道女会」は世界中で活動していますが、
その一つのタイから、マスール(シスター)と現地の幼稚園の先生方が視察に来ていました。

その方たちを迎えて、短い簡単な歓迎式を行いました。

園児から、可愛らしい花束のプレゼント。

中学生からは「おメダイ(マリア様のご像が入ったもの。日本的にはお守りとお考え頂ければ)」をプレゼント。

災難、災害はおきて欲しくないこと。
でも、いつ起きるかも分からないこと。万が一の備えをいつも心がけていたいものです。