仙台白百合学園小学校

学校生活

2009/06/16

「日常」を考える

先週の金曜日、今年度第1回目の「全校児童会」
運動会をはさみ、最近少し浮き足立っているいるような感じの「日常」。
「みんなでよーく考えようー!」
しらゆり会(児童会)役員が、寸劇で三つのケーススタディーを提示。
それぞれについて、1年生~6年生までのたて割り小グループで話し合いました。

まず始めは、「校舎内での危険」

続いて「専用バス内での過ごし方」

最後は「あいさつ」

昇降口を入るとすぐの「聖母子像」を。
みんなは、ここで立ち止まって「あいさつ=お祈り」するのですが...。

みんなが「素晴らしいお嬢様」であるとは思いませんが、
「穏やかな秩序感」はこの学校で学ぶことの基本です。
繰り返し 繰り返し ですね。